トップ / 最新情報

新しい価値を創造しつづける、バローズの最新情報

ソーラーファーム建設風景

落雷対策としてのSPD(避雷器)の設置について

2018.09.18  

今回は落雷による被害への対策をご紹介します。

 

太陽光発電所で多く発生する故障被害の1つに「落雷」があります。

落雷は大きく「直撃雷」と「誘導雷」に分類されます。

 

■直撃雷

設備に直接落雷することを指します。

発生する電圧・電流が非常に大きく、電気機器の故障回避は大変困難です。

 

■誘導雷

周辺への落雷により、電線や通信線を伝って、大きな電圧・電流が発生することを指します。

この誘導雷の被害は、数キロ先からでも伝わることもあり、被害を受ける確率も直接雷に比べ高くなります。

 

この誘導雷が太陽光発電所へ進入する経路で最も多いのは、「通信線」「電力線」の2ヶ所が挙げられます。

 

弊社では共有部分の落雷被害の軽減策として、下記の対策を実施しています。

 

まず、通信線(遠隔監視用)に関しては、固定回線からモバイル回線に順次切り替えを行っており、物理的に外部の通信線に接続しない対策を取っています。

 

次に、電力線に関しては、各種機器の電源として必要ですので、物理的な隔離をすることはできません。

そのため、100Vの電源を引き込んでいる部分にSPD(避雷器)を設置し、施設内に異常電圧・異常電流が流れ込むことを抑制しています。

 

SPD(避雷器)は、一定値以上の過電圧が生じた場合に動作して、電流を地面に流し電圧を抑制し機器を保護します。

 

これらの対策を行うことにより、落雷発生時の被害を最小限に食い止める取り組みをしております。

■共有設備SPD(避雷器)設置済み発電所

えびのソーラーファーム

国東ソーラーファーム

国東Ⅱソーラーファーム

佐伯ソーラーファーム

延岡ソーラーファーム

延岡Ⅱソーラーファーム

都農ソーラーファーム

高鍋ソーラーファーム

高鍋Ⅱソーラーファーム

川南ソーラーファーム

新富ソーラーファーム

西都ソーラーファーム

西都Ⅱソーラーファーム

西都低圧発電所1

宮崎Ⅰソーラーファーム

宮崎Ⅱソーラーファーム

宮崎Ⅲソーラーファーム

宮崎Ⅳソーラーファーム

塩路ソーラーファーム

内海ソーラーファーム

小林ソーラーファーム

三股ソーラーファーム

庄内ソーラーファーム

上倉永低圧発電所

森永ソーラーファーム

嵐田ソーラーファーム

 

 

設置完了情報は随時お知らせいたします。