トップ / 最新情報

新しい価値を創造しつづける、バローズの最新情報

ソーラーファーム建設風景

10月13,14日の出力制御について

2018.10.18  

10月12日に九州電力社より発表があり、
太陽光発電の事業者に一時的な発電停止を求める
「出力制御」が離島以外で初めて実施されました。

 

■今回の出力制御について

 

【対象エリア】
九州北部(福岡・佐賀・大分・熊本)
※弊社管理物件については対象外でございました。

 

【対象日時】
〔出力制御期間〕
10月13,14日の9時~16時

 

〔出力制御発生時刻〕
13日:12時00分~12時30分
14日:11時00分~11時30分

 

【再エネ接続量に対する割合】
13日:約7%
14日:約11%

 

※九州電力が発表した数値を元に記載しております。

 

今回の出力制御は九州電力管轄内で一斉に行われた訳ではなく
一定のエリアで実施されたものであり、
再エネ接続量に対する比率で考えると
1日あたり10%前後でございました。

 

■出力制御実施時の補償について

 

弊社「安心フルサポート」のご契約いただいているお客様については、
出力制御実施による売電収入の損失についても補償対象内でございますのでご安心下さい。

 

弊社では引き続き、出力制御に関する情報収集を行って参ります。
進展がございましたら皆様にご報告申し上げます。

2018.10.18  出力抑制