トップ事業内容ソーラーファーム事業 / 見据える未来

ソーラーファーム・見据える未来

宮崎ソーラーファーム(宮崎県宮崎市/販売済/稼働中)

見据える未来

バローズがソーラーファーム事業で見据える未来の価値概念図

お客様のために辿り着いた最適解ー『ワンストップサービス』。
基本計画・用地仕入、企画・設計、建設、販売、メンテナンスのフェーズすべてをご提供します。

1.地域経済への貢献

日本における産業構造は、都心部と地方において大きな隔たりがあると言えます。産業が活性化していない地方からはさらに人々が流出し、そして、その流出によって地方における産業が育たないという負のスパイラルに陥っています。私たちバローズがソーラーファームを建設する地域は、遊休地等をはじめとして産業自体が希薄なエリアがほとんどです。しかし、ソーラーファームの建設に伴う人員雇用が、その地方の経済を活性化させていることは言うまでもありません。

2.自然環境への配慮

昨今、低圧産業用太陽光発電プラント建設のための開発による自然環境への影響が問題視され始めています。 私たちバローズではその事態を真摯に受け止め、周辺環境や自然環境への影響を十分に検討した上、遊休地等の土地にソーラーファーム建設を行っています。

3.エネルギーの安全性

電気を発電するためには様々な方法があります。従来型の発電方法は、有害物質の排出、および、万が一の事故により人々や環境への深刻なダメージを与えるリスクを併せ持っています。東日本大震災の際に発生した原発事故は記憶に新しいところでしょう。太陽光発電をはじめとする再生可能エネルギーは、自然が生み出すエネルギーそのものを利用して発電します。一般的にクリーンエネルギーと呼ばれるこれらのエネルギーの安全性は言うまでもありません。

太陽光発電事業というと、大規模なメガソーラーを連想される方も多いかもしれません。このメガソーラーを運営しているのは、莫大な資本力を持つ大企業がほとんどで、個人がその事業に参画することはなかなかできません。しかし、低圧産業用太陽光発電であるバローズのソーラーファーム事業は、初期投資も少なく個人での参画も非常に容易です。また、多くの税制上の優遇を受けることができます。

バローズのソーラーファーム事業は、安定した収益を確保しながら、地方の経済発展に寄与しつつ自然環境へも配慮できるという希有な収益事業と言えるのかもしれません。